悩まず弁護士に相談ください。恐喝事件

恐喝事件

恐喝事件【249条】
10年以下の懲役

人を恐喝して財物を交付させた場合に、恐喝罪が成立します。恐喝罪の成立には、恐喝行為、畏怖、処分行為、財物の移転という状況が必要とされます。
よく、暴力団関係者の名前をだしてなど、報道されていることがありますが、あの犯罪類型はこれにあたります。

恐喝事件 Q&A

恐喝は何か記録に残りますか

 

 

会社・学校には知られますか

必要がなければ、会社・学校には知られないと思われます。

 もっとも、逮捕・勾留され、身柄拘束が長引けば、知られる可能性も出てくるでしょう。

 

示談金の相場はいくらぐらいでしょうか

恐喝した金額によるかと思います。

 

はじめて、恐喝をした場合刑はどれくらいになりますか

恐喝した金額や、犯行態様によるかと思います。

 金額が低額で、犯行態様も比較的軽微であれば、罰金や執行猶予付きの判決になる可能性が高いと思われます。

 

恐喝ではないのですが以前脅迫や窃盗などをしていた場合刑は重くなりますか

同種前科ではないとはいえ、前科があれば、一般的には罪が重くなると思われます。

 

家族に知られますか

警察から家族に連絡がいけば、家族に知られることとなります。

 

高校生の息子がカツアゲをしました。相手に怪我をさせたのですが、これは恐喝でしょうか

恐喝及び傷害となります。

 

お気軽にお問い合わせください。 047-360-6700
メールフォームからのお問い合わせはこちら

※初回法律相談無料、1時間を超えた場合は2,000円(時間制限なし)。2回目以降は2,000円(時間制限なし。債務整理と交通事故は無料。)です。
 業務依頼になった場合には、相談料は無料です。